ホロスコープ(特に個人のネイタルチャート)を分析し、読解していくために必要な知識と感性を磨いていくための講座です。

 

海外の文献の翻訳や古今東西の様々な人物例などを織りまぜたオリジナルテキストを用いつつ、西洋占星術の多様性と深みにせまります。

 

多様な星の配置について的確に分析するためのロジックや実践的なスキル、また形骸化したキーワードに頼らず、深く読み解いていくためにヒントとなる知識や解釈法を、しっかりとご教授致します。

 

まったくの初心者から、勉強はしているがいまいちありきたりなキーワード暗記から抜けだせずにいる方まで、受講希望の方は申し込みよろしくお願いします。単発受講もありです。

 

定期受講 \11,000(税込)

単発受講 \12,000(税込)

 

※受講申し込みと受講料のお支払いについて

 

お支払いはクレジットカード決済です。
占星術初級講座は、月額会費制で運営されています。入会日や退会日による料金の日割り計算はございません。(なお、20歳未満の方のご入会には保護者の同意書が必要です)

 

 

単発1万2000円
連続引き落としなら1万1000円

 

3時間半(途中休憩あり)

 

基本的に第4土曜日10時からと、
第1火曜20時から、の2枠

 

初回のみ29日(日曜日)の13時から

 

 

第1回・占星術概論、エレメントとモード

 

 

ホロスコープの必須要素全体についての概論、また12サインを構成する4エレメントや3つのモードについて解説。4エレメントは熱冷乾湿の古典的気質論から分析します。

 

 

 

 

第2回・12サイン

 

 

12サインそれぞれの特徴について、古今東西の様々な人物例(実際の鑑定例なども含む)を用いつつ解説します。

 

 

 

 

第3回・10天体

 

 

主要10天体について、神話、心理学、個人的・社会的両面における具体的な事象、また人物像など、マクロ〜ミクロまで、多様な海外文献からの翻訳引用もまじえつつ、多側面から解説します。

 

 

 

 

第4回・10天体×12サインその1

 

 

それぞれのサインにおいて10天体がどのような働きをするのかについて、古典的なディグニティ論も踏まえつつ、様々な人物例と共に解説します。

 

 

 

 

第5回・10天体×12サインその2

 

 

土星〜トランスサタニアンを中心に、それぞれ時代背景も踏まえつつ、サインによる影響力の違いについて解説します。

 

 

 

 

第6回・アスペクトその1

 

 

メジャーアスペクトや、マイナーアスペクトの中でも重要性の高いものについての解説、また、人格の根幹を成す太陽×月のコンビネーション144パターンそれぞれについて人物例をまじえつつ解説します。

 

 

 

 

第7回・アスペクトその2

 

 

個人天体それぞれが他の天体との間に形成するアスペクトについて、様々な人物例や海外文献からの翻訳抜粋などをまじえつつ、解説します。複合的なアスペクトについての見方も解説します。

 

 

 

 

第8回・アスペクトその3

 

 

木星以遠の天体が他の天体との間に形成するアスペクトについて、その解釈の仕方を、様々な人物例や社会的な事象例、また海外文献からの翻訳抜粋をまじえつつ解説します。

 

 

 

 

第9回・ハウス1:アングル

 

 

Asc・MC・IC・Desの4つの軸について、海外文献の翻訳抜粋や様々な人物例をまじえつつ解説します。

 

 

 

 

第10回・ハウス2:ハウス×10天体

 

 

12ハウスすべてについての解説と、12ハウスにそれぞれの天体が入ったときにどのような働きの違いが出るのかについて、様々な人物例をまじえつつ解説します。

 

 

 

 

第11回・ハウス3:ハウス×10天体その2

 

 

ハウス2の続きです。

 

 

 

 

 

 

第12回・主要な小惑星、ノード軸やリリスなど

 

 

小惑星やノード軸などについて、様々な側面から解説します。

 

 

入金後に、下記のメールフォームからご連絡ください

 

※個人情報のお取り扱いに関して